FX投資

FXで失敗しないための条件13!!後編

こんにちは!

モチモチ君です。

 

今回は、前後編の後編という事で、お話をしていきたいと思います。

前回のお話をまとめると、「損失として売るラインと利益として売るラインをきっちりと決め、その時その時の心の揺れに任せないで取引をしよう!」と言うものでした。

 

気になる方や忘れてしまった!という方はここから見られますのでぜひ読んでみてくださいね!

 

今回はその続きとなります。テクニカルなお話はあまりありませんが、それでも大事な内容ですのでぜひ最後まで読んでいってくださいね!

 

 

大切な場面では強気で取引

 

取引をしていると、上がった直後に少し下がり、またそれ以上に上がる。と言うチャートの動きを見た事があると思います。そう言った場面で、『下がったから直ぐに売却、上がったから直ぐに買い直し』と言うことをしてしまったことはないでしょうか?

 

特に初心者の方はよくやるかと思います。そう言う時こそ強気にならなければなりません。それに、『下がったから売る』ではなく『トータルの動きで見た時に損になるから売る』ようにしておかないと、先ほどの例と同じ事をしてしまうでしょう。

 

チャートを見るとジグザグになっているけれど、太い線として見ると右肩上がりだった。と言うことはザラにあります。ですのでその特徴を見せた時は怖がらずに強気で待って見ましょう。

 

失敗しても、損切りしておけば何とかなります。利益がほとんど出なかったとしても、今回のパターンを覚えておけばまた同じような波が来た時に対処できます。損失がリカバリーできないほどでなければいくらでも巻き返せるので、大切な場面では強気でいきましょう!

 

 

オーダーは1回待ってからやる

 

ストップロスオーダーとストップオーダーは約定したら成行注文となります。なので、早期にストップロスオーダーをかけると市場から振り落とされるだけになってしまうこともあるんです。

 

結局はテクニカル分析などでしっかりと分析をしてからオーダーをかけるようにしましょうということですね。

 

オーダーは約定仕切らない限りは次の注文には移りません。約定しきった後にどの様な動きをしているのか、どう動くのかをしっかりと予測してオーダーをかけましょう。

今、あなたの分析力が試される…!

 

 

根拠のない自信は持たない

 

どこの、どんなビジネスにおいても言える事ですが根拠のない自信を過信してはいけません。新たなビジネスを立ち上げる時などは非常に重要なマインドになりますが、ことFXでは逆効果です。

 

論理的な思考、予測が求められる場面で『勘』はアテになりません。数学のテストで4択でもないのに答えの数字を勘で当てられますか?非常に厳しいですよね。

 

それと同じ事です。何となくこうなる気がする!と言う気持ちや思いは大切です。しかし、それではギャンブルと全く同じやり方になってしまいます。FXは数学と統計学でできているといっても過言ではないでしょう。と言うか、その2つでできています。

 

基本的には計算とそれに基づいたチャート、そこから次を予測する為の統計で成り立ちます。なので、論理的思考を放棄した途端に稼げなくなってしまいます。

根拠のない自信は、裏付けができないのであれば信じない方がいいでしょう。

 

 

欲を張ってポジションを大きくしない

 

初心者の方やそこそこできるようになってきた方などに見られがちな事なのですが、『これならいけるだろう!』と言う慢心からポジションを最大にして取引をして失敗する。と言う事があります。

 

恐らく、FXから撤退する方の撤退の理由で最も想像しやすく起きやすいものだと思います。欲を張るのであれば、その分だけ根拠が必要です。根拠も無く、『これまで勝てているから大丈夫』くらいの理由でやると本当に借金まみれになってしまいますよ。

 

とても危険な考え方ですのでもしその考え方をしそうならば、注意してくださいね。

 

FXは何度も言いますが、長期運用が基本です。短期でも利益は出せますし、リターンも大きいですがその分だけリスクも高いです。手堅く堅実に運用していく長期のほうが安全ですし、楽もできます。

 

欲を張らずに、少しずつ増やしていきましょう。そのほうが確実ですので。

 

 

相場が乱高下しても動揺しない

 

トレンドなどで大きな利益を出した直後に乱高下が発生。流れに遅れまいと取引を繰り返し結果的に利益を全て無くしてしまった…と言う事もよく起こる事です。

 

これも、初心者や中堅一歩手前くらいの方がよくやる事ですね。「今までいけたから今回もいける!」この慢心が損失パレードを招いてしまうのです。

 

テクニカル分析をしっかりとして、更に何度か経験を積まないとこの乱高下を見切って行動するのは難しいと思います。最初の頃は1つの嵐だと思ってやり過ごし、データを取って分析や予測の為のデータとして残しておいて、似たような波が来るまでの訓練に使うといいかと思います。

 

人間、復習すると結構な事が1〜2週間で身についたりするものですからね。復習のためのデータとして傍観するのも1つの手でしょう。

 

 

評論家は信じない

 

たまに、有名な評論家や専門家がテレビで色々と言っていますよね。そう言う方は大概、株をほとんどやった事がない方々です。データを基に『過去の動きはこう言う市場動向があったからこうなったのだ』という分析を主にしていますからね。

 

専門家や評論家が信用できないのはわかりますよね?投資家は未来の予測の為にデータを用いますが、評論家は過去の動きを説明する為にデータを用います。

 

根本的に見ている方向が違うわけですね。であれば、その方達の話はあんまり信用しないほうが良いという事です。信じるならば同じ投資家で、常勝トレーダーと呼ばれているような方のお話しを信じるべきでしょう。

 

何せ同じ投資家ですからね。視点が一緒で、見据える先も同じですから。ただ、お相手の方がもっとずっと先を見ているというだけの違いです。

 

 

周りの人の声もあまり信じない

 

評論家すら信じられないのに、全くの素人のお話を信じるなんておかしな話ですよね?同じ投資家であったとしても、自分と同じレベルか自分より下の稼ぎしかない人のお話も聞がない方がいいでしょう。

 

同レベルならまだしも自分よりレベルが低い人の意見は全く参考になりません。なぜなら、その視点は既に過ぎているからです。わざわざ一度通った場所へと戻る必要はないですよね?

 

それならば、やはりもっと上のレベルの人の意見を聞くべきです。高校の数学の問題を中学生に聞くのと塾の講師に聞くのとでは全く違いますよね?

これと同じ事なのです。なので、自分より上の人の意見だけを聞くようにして周りの人の意見はあまり参考にしないようにしましょう。

 

 

終わりに

 

さて、これでこの長かった前後編もおしまいです。

これまでのことをまとめると、「売りと買いのラインを決めて、根拠を持って行動し、上のレベルの人の意見を聞くべき」という事ですね。

 

ここまで読んでくださったなら後は実践すれば常勝トレーダー間違いなしでしょう!

頑張ってやっていきましょうね!

 

一応ここにも、もう一度前編のリンクを貼っておきますね!

 

では、今回はここで終わりとさせていただきます。

ここまで読んでくださってありがとうございました!

 
 
追伸
_________________________________________
僕のブログ限定でLINE@を公開しています。
そこでは高性能な『自動売買ツール』を紹介しています!
人数限定で、無料でお使いいただけます!10人しか枠がないのでお早めに!!
 
FX用のものですがとても利率が高いのでとってもお勧めです!ブログを書き始めた僕でも稼げてしまうほど凄いツールなので是非、見ていってください!!
 
このツールを使えば貴方も月収100万円に到達できますよ!
  LINE@に登録していただくと僕が自動売買ツールの紹介と共に、
最初の資金を調達するための物販ビジネスについてのお話や、アフィリエイトの相談なども受け付けています。
 
物販ビジネスのノウハウやブログアフィリエイト以上に稼げるアフィリエイト手法に関する記事はブログにあげる予定は無いのでLINE@限定の情報となっています。
 
正直言って有料なら5万円くらいはするノウハウを無料でお教えしますので、だいぶお得だと思いますよ!
 
ビジネスに興味がある方は『熱意』と『どのビジネスをしたいのか』を教えてください。僕が全力でお教えします!
 
では、こちらから登録をお願いします!→コチラ  
↓こちらが2次元コードです!↓